MENU

バースプランのおすすめって何?先輩ママが具体例をあげて解説!

突然ですが、あなたはどんな出産を希望していますか?唐突に聞かれると具体的にこう産みたい!と、はっきり言える人は少ないでしょう。そんなママにおすすめしたいのが、出産を目に見える形にしたバースプラン。どんな要望があるのか、叶えたい事は何なのか、ご自身だけのバースプランをじっくり考えてみてください。出産までの残りの期間をワクワクしながら過ごすことが出来たら最高ですね。先輩ママの体験を紹介していますので、是非ご自身のバースプランの参考にされてみてはいかがでしょうか。

目次

バースプランとは

バースプランとは、出産時に希望していることや共有しておきたい事柄、譲れない条件など、伝えておきたい事柄をまとめた言わば出産に向けての計画書です。出産にあたっては関係する人が多く、医師又は看護師・助産師など、サポートしてくれるスタッフの方は多岐に渡ります。多くの人にとって人生でそう多くはない一大イベント、出産。産まれてくる赤ちゃんをどんなバースプランで迎えたいか、パートナーや家族で出産前に決めておきたいですね。最近では、バースプランの用紙を準備している産院も多いようです。病院側としても妊婦さんが出産するにあたり、何を求めているのかをあらかじめ知っておくことが重要になってきています。バースプランの用紙は三十週の前後辺りで助産師が渡してくれることが多いですが、もし渡されない場合は手作りでも、白い紙でも大丈夫ですよ。

バースプランを考えるメリット

バースプランと聞いて、「わざわざ書かなきゃダメなの?」、「口で直接言えばいいじゃん!」と考えている人もいると思います。もちろん、書かなくても問題はありません。しかし、頭の中のバースプランを紙に書き出すことに意味があるんです。
①自分がどのような出産を望んでいるか客観的に考えられる/頭に浮かんでいることも、実際紙に書き出してみることで整理しやすくなります。アイディアが浮かんだり、反対に何を迷っているのか把握しやすくなりますよ。
②ご自身の考えを周りの人と共有できる/出産が終わってから後悔しても遅いので、ご自身の考えは遠慮せずに伝えておきましょう。全員に周知しておく事で、あなたの出産を全力で希望に近づくようサポートしてくれるに違いありません。
③思い出として残せる/赤ちゃんが成長したら、バースプランを一緒に見返してみてください。可愛い我が子を産むために考えたバースプランを見て、改めて「産まれてきてくれてありがとう」という気持ちに気づかせてくれると思います。

バーズフランの具体例

バースプランは、百人いれば百通りあると言えるくらい様々なものがあります。ご自身が何を伝えたいか箇条書きにすると、より分かりやすくなりますよ。例としては、
・呼吸のリズムが崩れないよう呼吸に合わせて手を叩いてほしい
・出産に上の子も一緒に立ち会わせたい
・好きな音楽をかけながら陣痛をやり過ごしたい
・無痛分娩にするか迷っている
・産まれてすぐ抱っこしたい
・ヘソの緒を夫に切ってもらいたい
・出産に立ち会った医師、助産師と写真を撮りたい
・不安になりやすいのでなるべく声をかけて欲しい
・産後はゆっくり休みたいので初日に母子別室は可能か?
・分娩室の設備を見ておきたい
など、あなたが知りたいことや伝えたいことを書いてくださいね。できる限り希望に沿えるよう配慮してくれますが、難しい場合は代替案なども教えてくれます。また、書いたものを渡して終わりではなく、少しでもいいので時間を設けて一緒に確認してもらうと、具体的に伝えやすくなるのでオススメですよ!

先輩ママはこんなバースプランを希望しました

私は立ち会いがなく心細かったので、優しく励ましてほしいです、とお願いしました。実際すごく優しくしていただき、陣痛中も「いいよ!上手だよ!」と声をかけてもらえて良かったです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12246268357?__ysp=44OQ44O844K544OX44Op44Oz

枕が変わると眠れないので、枕は持参すると書きました。また、一人目の時は、呼吸がうまくできず意識がとおのいたので、「苦しい!」と言ったら、酸素マスクをくださいと書きました。気持ちに余裕がなかったため、申し訳ないですが看護学生の見学はお断りさせていただきました。些細な事でも書いた方が良いです!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10209140795

希望は特になかったのですが、会陰切開が怖いので麻酔をがっつりしてくださいと頼みました。それと、臍帯血を提供したかったのでそれもお願いしました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110451989

入院中は優しく接してほしい、キツイ言い方はしないで、夜は預かってほしいと書きました。私の病院はバースプランを見ながら担当看護師と話す時間があり、書いたこと以外も色々言いました。以前のお産でこれが嫌だったとか、これが良かった等。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13239597238?__ysp=44OQ44O844K544OX44Op44Oz

帝王切開が決まっているので、麻酔が効くのか不安、痛みに弱いので積極的に痛み止を使ってほしい、可能なら産声を録音してほしいと書きました!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14245586969?__ysp=44OQ44O844K544OX44Op44Oz

いかがでしたか?

先輩ママの体験談から、些細なことを提案していいということがわかりました。不安な気持ちやキツイ言い方はしないでほしいといった内面に関することや、酸素マスクや痛み止めといった医療的ケアの事、枕は持参する、といった他人からすれば、そんなことまで?と思うようなものまでしっかり要望を伝えています。バースプランを病院・クリニック側に伝えることが、理想の出産にグッと近づくための重要な役割があるとお分かりいただけたと思います。妊娠と出産を体験するのは他でもなく、ママ自身です。悔いの残らない出産で赤ちゃんを出迎えてあげてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次