その他

サーバリックス製品情報

サーバリックスを接種してもすべての発癌性のHPVの感染を予防できるわけではありません。サーバリックスで予防できない子宮頸癌はこれまで通り、検診により予防する必要があります。

  • サーバリックスは、すべての発癌性HPVの感染を防ぐものではありませんが、特に子宮頸癌から多くみつかるHPV 16型、18型の2つのタイプの発癌性HPVの感染を防ぐことができます。
  • サーバリックスを接種しても、HPV 16型およびHPV 18型以外の発癌性HPVの感染は予防できません。また、サーバリックスは接種時に発癌性HPVに感染している人に対して、ウイルスを排除したり、発症している子宮頸癌や前癌病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。
  • 上記のようにサーバリックスの接種時にHPV 16型や18型の発癌性HPVに感染している人に対して、十分な予防効果は期待できませんが、HPV 16型と18型の両方に同時に感染している可能性は低く、HPV 16型に感染している人でもHPV 18型への予防効果が、HPV 18型に感染している人でもHPV 16型への予防効果が期待できます。また、発癌性HPVに感染している人に対してサーバリックスを接種しても症状の悪化などは報告されていません。
  • ワクチンを接種した後も、ワクチンでは予防できない型の発癌性HPVによる病変を早期発見するために子宮頸がん検診の受診が必要です。市町村が実施する公的子宮頸がん検診は、20歳以上を対象として1~2年に1回の受診間隔で実施されますので、定期的な受診が重要です。
  • サーバリックスの予防効果がいつまで続くかについては、現時点で成人女性では、サーバリックス接種による抗体が9.4年間、前癌病変の予防効果が最長6.4年間(平均では5.9年間)まで続くことが確認されています(海外臨床試験成績)。抗体と効果の持続については現在も経過観察が続けられており、今後更なる延長が期待されています。なお、子宮頸癌の発症を予防するのに必要な抗体の量については現時点では明らかになっていません。将来、本サーバリックスの追加接種が必要となる可能性もありますので、今後得られる情報にもご留意ください。
効能・効果に関連する接種上の注意
  1. 1.HPV-16型及び18型以外の癌原性HPV感染に起因する子宮頸癌及びその前駆病変の予防効果は確認されていない。
  2. 2.接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
  3. 3.本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるものではない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
  4. 4.本剤の予防効果の持続期間は確立していない。

「効能・効果」「効能・効果に関連する接種上の注意」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する接種上の注意」、「接種不適当者を含む接種上の注意」等については、製品添付文書をご参照ください。