サーバリックスの成分

サーバリックス製品情報

サーバリックスは、HPV 16型および18型のL1タンパクを抗原としています。

サーバリックスは、子宮頸癌発症リスクの高いHPV 16および18のL1タンパクのみからできたウイルス様粒子(VLP:virus-like particle)を抗原としています。L1タンパクは、 HPVの殻(カプシド)の主な成分で、強い免疫原性を持ちます。VLPにはHPVの遺伝物質が含まれていないため、感染性はありません。

図:HPVとVLPの違い
図:HPVとVLPの違いStanley M:Vaccine 24(supple 1):S16-S22, 2006

サーバリックスには、グラクソ・スミスクラインが独自に開発した、長期間にわたり強力な免疫応答を維持させる、AS04アジュバントが含まれています。

図:サーバリックスの成分
図:サーバリックスの成分
MPL:
モノホスホリルリピッドA。グラム陰性菌の外膜の成分を無毒化したもので、抗原に対する免疫応答を増強します。
図:サーバリックスの働き
図:サーバリックスの働き Seya T et al.:Evid Based Complement Alternat Med 3(1):31-38, 2006
Pulendran B et al.:Cell 124(4):849-863, 2006
Janeway C et al.:Immunobiology 6th ed. “The immune system in health and disease.”
Garlang Publishing, 2004より作図

サーバリックスは新たに開発したアジュバント(AS04)を使用しているため、強く持続的な免疫原性を示します。

アジュバントとしてAS04を含む群は、Al(OH)3(アルミニウム塩)のみを含む群より有意に高い中和抗体価(GMT)を示しました。

図:アルミニウム塩とAS04アジュバントの中和抗体価の比較[海外データ]
図:アルミニウム塩とAS04アジュバントの中和抗体価の比較[海外データ]
対象:
登録時に細胞診正常、HPV 16および18血清抗体陰性、HPV 16および18DNA陰性であった18~30歳の健康女性129例
方法:
無作為化二重盲検試験。HPV 16および18 VLPを抗原とし、アジュバントとしてAS04またはAl(OH)3(アルミニウム塩)を加えたワクチンを、0、1、6ヵ月後の3回接種した。追跡期間は48ヵ月間とした。

Giannini SL et al.:Vaccine 24(33-34):5937-5949,2006

GMT:
geometric mean titers(幾何平均抗体価)。抗体価は対数正規分布を示すため、幾何平均値を使用している。

「効能・効果」「効能・効果に関連する接種上の注意」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する接種上の注意」、「接種不適当者を含む接種上の注意」等については、製品添付文書をご参照ください。