ロタウイルスとは(構造・分類)

ロタウイルスはレオウイルス科に属するウイルスで、下痢を起こした患児から1973年に初めて発見されました*1。電子顕微鏡で車輪のような形に見えることから、このウイルスはラテン語の「車輪」を意味する「ロタ(rota)」と名付けられました。

電子顕微鏡で見たロタウイルス
電子顕微鏡で見たロタウイルス提供:Dr. Erskine Palmer, Centers for Disease Control and Prevention(ウイルス粒子の直径は約70nm)

ロタウイルスの構造と分類

ロタウイルスの粒子は3層のカプシド(殻)でできています*2
内側のカプシドには11組の2本鎖リボ核酸(dsRNA)が、 中間のカプシドは、ロタウイルスの群(A~G)を決定するウイルスタンパクのVP6が、外側のカプシドはロタウイルスのG型およびP型を決定するVP7とVP4があります。VP7は糖タンパクであることから「G型」、VP4はプロテアーゼ分解タンパクであることから「P型」とされています。

ロタウイルスの構造
ロタウイルスの構造*3

ロタウイルスは、VP6の違いによりA~Gの7群に分類することができます*2。A~C群は人間と動物に感染し、D~G群は動物にのみ感染します*4。ヒトのロタウイルス感染症の病原体としてはA群が最も一般的です。
ロタウイルスにはVP7で決定されるG型とVP4で決定されるP型の分類があります。これらは防御免疫の獲得に関与していると考えられています*5。これまでに少なくとも15種のG型(G1~G15)と28種のP型(P[1]~P[28])が確認されています*2
さらに、ロタウイルスにはG型とP型の組み合わせによる非常に多くの株が存在しています。そのうち、全世界のロタウイルス胃腸炎発症の90%以上が、G1P[8]、G2P[4]、G3P[8]、G4P[8]、G9P[8]の5種類の組み合わせ株に起因しています*6。もっとも多く存在する株はG1P[8]といわれていますが、ウイルス株の分布は地域や年によりばらつきがみられます。

ロタウイルスの分類
ロタウイルスの分類
【出典元】
  1. *1Parashar UD, et al. Emerg Infect Dis. 1998; 4: 561-570.
  2. *2Gray J, et al. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2008; 46, Suppl 2: S24-31.
  3. *3Cunliffe NA, et al. Lancet 2002; 359: 640-642. より改変
  4. *4Leung AK, et al. Adv Ther. 2005; 22: 476-487.
  5. *5Parashar UD, et al. Emerg Infect Dis. 1998; 4: 561-570.
  6. *6Santos N, et al. Rev Med Virol. 2005; 15: 29-56.
ロタウイルス胃腸炎の疫学と病因