流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは

ムンプスウイルスによって引き起こされる耳下腺・顎下腺・舌下腺等の唾液腺の腫脹を特徴とする伝染性疾患です。通常48時間以内にピークを認め、接触、飛沫感染で伝搬し、感染力の強い疾患です。ただし、不顕性感染もかなりみられ、30~35%とされております*1。小児だけでなく、成人が罹患することもある疾患です。

【出典元】
  1. *1国立感染症研究所(IASR Vol. 37 ,185-186: 2016年10月号)
疾患について