症状

初期の上皮内癌の状態ではほとんど無症状ですが、進行すると性交時の接触出血などの不正性器出血がみられるようになります。

子宮頸癌は、初期の段階ではほとんど無症状で、検診で行われた子宮頸部の細胞診によって発見されることが多い癌です。一般的には、癌が可視的な病巣になってから症状があらわれます。子宮頸癌が増大して病巣から出血が起こると、粘液性や水様性分泌物が増加するため、不正性器出血や帯下の増加が、子宮頸癌でみられる代表的な症状です。さらに癌が進行すると、悪臭のある膿血性帯下、多量の不正性器出血、下腹痛や発熱などがあらわれます。また、子宮頸癌の周囲臓器への浸潤や遠隔臓器への転移により、表に示すような症状があらわれます。

表:子宮頸癌の症状
表:子宮頸癌の症状
子宮頸癌の疫学と病因