確定診断

コルポスコピー診による組織診で確定診断後、臨床進行期分類を治療開始前に決定します。

スクリーニングには細胞診が有用ですが、確定診断ではコルポスコピー診所見を参考にして組織生検を行います。さらに、これらの方法を用いても異常細胞の由来が同定されない場合には、診断を目的に子宮頸部円錐切除術が行われます。そして、組織診による確定診断とともに、腟鏡診、内診、直腸診により腟や子宮傍結合織、膀胱・直腸粘膜への癌浸潤の有無を調べます。

図:子宮頸癌のスクリーニングから病期診断までの主なながれ
図:子宮頸癌のスクリーニングから病期診断までの主なながれ

臨床進行期は、治療方針の決定や予後の推定、治療成績の評価のために決定します。

確定診断後、臨床進行期分類に従って臨床進行期を決定します。子宮体癌や卵巣癌とは異なり、この分類は治療開始前に決定し、それ以後は変更してはいけないことが特徴です。

臨床進行期を決定する検査法

膀胱鏡、直腸鏡、腎盂・尿管造影法などを行います。腎盂・尿管造影法による水腎症の有無の判定は、臨床進行期分類にとって必須の項目です。胸部および骨のX線撮影や超音波断層法、CTスキャンやMRIなどの画像診断も、腫瘍の広がりを診断する方法として有用です。子宮傍結合織への浸潤の有無は臨床進行期の決定に重要ですが、画像検査による判定は不確実であるため、直腸診により診断します。
最近ではMRIやCTなどの画像診断によって傍結合織への浸潤やリンパ節転移も把握できるようになってきました。しかし、その診断能は施設によって差があるため、目下のところは画像診断は参考所見とされ、直腸診により診断することになっています。

リンパ節転移の診断

触診によって鼠径部、頸部、腋窩部などの表在リンパ節腫脹の有無を確認し、リンパ節転移を診断します。最近では、FDG-PETがリンパ節や遠隔転移の検索などに試みられています。

臨床進行期分類

大きく5期に分類されますが、浸潤の程度によりさらに亜分類されます。Ia期までがいわゆる早期癌に相当し、Ib期~IV期の癌は進行癌として扱われます。

【参考資料】
  • 医療情報科学研究所 編:イメージするからだのしくみ vol.9 婦人科(メディックメディア,2007)
  • 医療情報科学研究所 編:病気がみえる vol.9 婦人科(メディックメディア,2007)
子宮頸癌の疫学と病因