子宮頸癌の早期発見と早期治療の重要性

子宮頸癌は検診で前癌病変を発見し、癌に進行する前に適切な治療を行うことが可能です。

子宮頸癌の大部分は、ヒトパピローマウイルス(HPV:human papillomavirus)の持続感染が原因で発症しますが、正常細胞は前癌状態を経て、長い時間をかけて癌細胞に進展していきます(図)。
したがって子宮頸癌は、浸潤癌へと進行する前の状態(前癌病変)で早期発見し、早期治療が可能であることが、他の多くの癌とは異なります。しかも、20代、30代の発症率の上昇に伴って子宮温存治療が求められるようになったため、前癌病変での早期発見はとくに重要です。子宮頸癌の早期発見のためには、わが国の現状を考えると検診受診率を上げることが最も重要と考えられます。
本項では日本における子宮がん検診受診率の現状を踏まえ、検診の重要性とその流れや問診のポイントを紹介します。プライマリ・ケアを担う医師が、産婦人科受診やがん検診をためらう女性に対して積極的なアドバイスを行うことが、子宮頸癌の早期発見・早期治療に結びつくことでしょう。

図:子宮頸癌は早期発見と予防が可能
図:子宮頸癌は早期発見と予防が可能
子宮頸癌の早期発見のために